1984 昭和59年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 75 45 10 .625 15(3)8 12(2)12 14(3)9 17(1)8 17(1)8
130 73 49 8 .598 3.0 8(3)15 17(1)8 17-9 14(3)9 17(1)8
130 67 54 9 .554 8.5 12(2)12 8(1)17 11(3)12 17(2)7 19(1)6
130 53 69 8 .434 23.0 9(3)14 9-17 12(3)11 11-15 12(2)12
130 51 71 8 .418 25.0 8(1)17 9(3)14 7(2)17 15-11 12(2)12
130 46 77 7 .374 30.5 8(1)17 8(1)17 6(1)19 12(2)12 12(2)12
パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 75 45 10 .625 13(2)11 15(3)8 15(2)9 17(1)8 15(2)9
130 64 51 15 .557 8.5 11(2)13 14(3)9 14(3)9 7(4)15 18(3)5
130 62 61 7 .504 14.5 8(3)15 9(3)14 17-9 14(1)11 14-12
130 58 61 11 .487 16.5 9(2)15 9(3)14 9-17 16(2)8 15(4)7
130 53 65 12 .449 21.0 8(1)17 15(4)7 11(1)14 8(2)16 11(4)11
130 44 73 13 .376 29.5 9(2)15 5(3)18 12-14 7(4)15 11(4)11
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP衣笠 祥雄(広)ブーマー.W(急)
新人王小早川 毅彦(広)藤田 浩雅(急)
首位打者篠塚 利夫(巨).334ブーマー.W(急).355
本塁打王掛布 雅之(神)
宇野 勝(中)
37本ブーマー.W(急)37本
打点王衣笠 祥雄(広)102点ブーマー.W(急)130点
勝利打点王W.クロマティ(巨)14ブーマー.W(急)21
盗塁王高木 豊(洋)56個大石 大二郎(近)46個
最高出塁率(数)谷沢 健一(中)231スティーブ.O(西).443
最多勝遠藤 一彦(洋)17勝今井 雄太郎(急)21勝
最優秀防御率小林 誠二(広)2.20今井 雄太郎(急)2.93
最高勝率石川 賢(ロ).789
最優秀救援山本 和行(神)34SP山沖 之彦(急)25SP
最優秀投手山根 和夫(広)
沢村賞該当者なし
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手山根 和夫(広)今井 雄太郎(急)
捕手達川 光男(広)藤田 浩雅(急)
一塁手谷沢 健一(中)ブーマー.W(急)
二塁手篠塚 利夫(巨)大石 大二郎(近)
三塁手衣笠 祥雄(広)落合 博満(ロ)
遊撃手宇野 勝(中)弓岡 敬二郎(急)
外野手山本 浩二(広)簑田 浩二(急)
山崎 隆造(広)T.クルーズ(日)
若松 勉(ヤ)高沢 秀昭(ロ)
指名打者L.リー(ロ)
ダイヤモンドグラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手西本 聖(巨)東尾 修(西)
捕手達川 光男(広)藤田 浩雅(急)
一塁手中畑 清(巨)山本 功児(ロ)
二塁手篠塚 利夫(巨)大石 大二郎(近)
三塁手衣笠 祥雄(広)松永 浩美(急)
遊撃手平田 勝男(神)弓岡 敬二郎(急)
外野手屋鋪 要(洋)簑田 浩二(急)
長嶋 清幸(広)島田 誠(日)
山崎 隆造(広)高沢 秀昭(ロ)
2勝1敗
全パ 14-5 全セ後楽園MVP 簑田 浩二(急)一発を含む3安打3打点
全パ 6-5 全セ甲子園MVP ブーマー.W(急)一発と逆転の2点適時打
全パ 1-4 全セナゴヤMVP 江川 卓(巨)8連続奪三振で勝利投手
4勝3敗
広島 3-2 阪急8回長嶋が逆転2ラン、小林が締める
広島 2-5 阪急9回一挙5点で大逆転、福原が決勝打
広島 8-3 阪急長嶋の満塁弾を含む4発で快勝
広島 3-2 阪急9回山本浩の決勝打で王手
広島 2-6 阪急13安打の阪急が3犠飛で突き放す
広島 3-8 阪急3回二死から一挙7点、福原が満塁弾
広島 7-2 阪急山崎決勝の2点打、山根完投で広島日本一
シリーズ個人成績
MVP 長嶋 清幸(広)
敢闘賞 山沖 之彦(急)
優秀選手 山本 浩二(広)、高橋 慶彦(広)、福本 豊(急)