1994 平成6年 ←前年 翌年→

セ・リーグ順位表
試合 勝率
130 70 60 0 .538 14-12 14-12 15-11 16-10 11-15
130 69 61 0 .531 1.0 12-14 15-11 14-12 13-13 15-11
130 66 64 0 .508 4.0 12-14 11-15 14-12 16-10 13-13
130 62 68 0 .477 8.0 11-15 12-14 12-14 16-10 11-15
130 62 68 0 .477 8.0 10-16 13-13 10-16 10-16 19-7
130 61 69 0 .469 9.0 15-11 11-15 13-13 15-11 7-19
パ・リーグ順位表
試合 勝率
130 76 52 2 .594 17(1)8 14-12 15-11 15-11 15(1)10
130 68 59 3 .535 7.5 8(1)17 17(1)8 9-17 17-9 17(1)8
130 68 59 3 .535 7.5 12-14 8(1)17 16-10 18(1)7 14(1)11
130 69 60 1 .535 7.5 11-15 17-9 10-16 13-13 18(1)7
130 55 73 2 .430 21.0 11-15 9-17 7(1)18 13-13 15(1)10
130 46 79 5 .368 28.5 10(1)15 8(1)17 11(1)14 7(1)18 10(1)15
表彰選手
セ・リーグパ・リーグ
MVP桑田 真澄(巨)イチロー(オ)
新人王藪 恵市(神)渡辺 秀一(ダ)
首位打者A.パウエル(中).324イチロー(オ).385
本塁打王大豊 泰昭(中)38本R.ブライアント(近)35本
打点王大豊 泰昭(中)107点石井 浩郎(近)111点
勝利打点王R.ローズ(横)19
盗塁王野村 謙二郎(広)37個佐々木 誠(西)37個
最高出塁率T.オマリー(神).429イチロー(オ).445
最多安打野村 謙二郎(広)169本イチロー(オ)210本
最多勝山本 昌広(中)19勝伊良部 秀輝(ロ)15勝
最優秀防御率郭 源治(中)2.45新谷 博(西)2.91
最高勝率郭 泰源(西).722
最多奪三振桑田 真澄(巨)185個伊良部 秀輝(ロ)239個
最優秀救援高津 臣吾(ヤ)27SP赤堀 元之(近)33SP
最優秀投手山本 昌広(中)
沢村賞山本 昌広(中)
ベストナインセ・リーグパ・リーグ
投手山本 昌広(中)伊良部 秀輝(ロ)
捕手西山 秀二(広)吉永 幸一郎(ダ)
一塁手大豊 泰昭(中)石井 浩郎(近)
二塁手和田 豊(神)福良 淳一(オ)
三塁手江藤 智(広)松永 浩美(ダ)
遊撃手川相 昌弘(巨)広瀬 哲朗(日)
外野手前田 智徳(広)イチロー(オ)
A.パウエル(中)佐々木 誠(西)
G.ブラッグス(横)K.ライマー(ダ)
指名打者R.ブライアント(近)
ゴールデングラブ賞セ・リーグパ・リーグ
投手桑田 真澄(巨)工藤 公康(西)
捕手西山 秀二(広)伊東 勤(西)
一塁手駒田 徳広(横)清原 和博(西)
二塁手和田 豊(神)辻 発彦(西)
三塁手石井 琢朗(横)松永 浩美(ダ)
遊撃手川相 昌弘(巨)広瀬 哲朗(日)
外野手前田 智徳(広)秋山 幸二(ダ)
飯田 哲也(ヤ)佐々木 誠(西)
新庄 剛志(神)イチロー(オ)
1勝1敗
全セ 1-8 全パ西武MVP 秋山 幸二(ダ)一発を含む3安打
全セ 7-3 全パナゴヤMVP G.ブラッグス(横)代打で決勝の3点三塁打

4勝2敗
巨人 0-11 西武清原先制弾、7回に田辺の満塁弾など一挙7点で完勝
巨人 1-0 西武初回に原の適時打、槙原4安打完封で守り抜く
巨人 2-1 西武延長10回川相の犠飛で決勝点、桑田がS
巨人 5-6 西武9回二死から大久保同点弾で粘るも延長12回佐々木サヨナラ打
巨人 9-3 西武緒方満塁弾で勝ち越し、桑田が167球で完投勝利
巨人 3-1 西武コトー、岸川の長打で加点、槙原完投で巨人が日本一
MVP 槙原 寛己(巨)
敢闘賞 清原 和博(西)
優秀選手 桑田 真澄(巨)、H.コトー(巨)、辻 発彦(西)